2011年03月11日

妊娠検査薬の使い方

妊娠検査薬は、薬局などで誰でも購入して、妊娠しているかどうか検査できる薬です。


 赤ちゃんが着床すると、妊娠を維持しようとするホルモン、hCGが分泌されて尿に混じって出るようになります。


 妊娠検査薬は、妊娠4週という、前回の排卵から4週間経った頃に陽性となるように作られています。


 生理が遅れているなと感じたら、もう1週間ほど余裕を見てから使うとちょうどいい日数となります。


 基礎体温を測っている人は、高温期(排卵後、2週間続く)が3週間以上続いたときを目安にすると、より正確に検査することができます。


 妊娠しているはずなのに、陽性の出方が少ない場合は、さらにもう1週間後に検査してみましょう。


 市販の妊娠検査薬はほとんどが棒状で、1〜2回測定することができます。

 スティックの先端におしっこをつけ、数分待ってから、判定窓に現れる色で判断します。


 陽性反応が出た場合も、正常妊娠かどうかを確認するために、早めに産婦人科を受診するといいでしょう。


 検査結果が陰性なのに、生理が始まらない、基礎体温の高温期が続く場合も、早めに産婦人科を受診しておくと安心です。





メル友





[関連ワード]
恋愛 遊牧民 学園|恋愛 寫眞 市川 拓司|2007 年 恋愛 運 無料|恋愛 シミュレーション もどき|山本 文緒 恋愛 中毒|恋愛 chu 歌詞|カンニング 恋愛 中毒|
posted by hikoo at 05:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/190011567

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。