2010年10月17日

環境ホルモン対策の例

環境ホルモンと疑われている物質は数多くありますが、これはまだ「疑いがある」という段階ですし、人体に及ぼす具体的な影響についても、まだはっきりしたことはわかっていません。しかし、「環境ホルモン」という言葉がポピュラーになってしまった今では、やはり環境ホルモンに対して不安を感じる方も少なくないのではないでしょうか。


 環境ホルモンに対する明確な研究結果が出ていない以上、環境ホルモンについての具体的な対処があるわけではないのですが、化学物質は基本的に人体にとっては「異物」ですから、できるだけ化学物質を体内に入れないようにすることは、利益はあっても害はありません。たとえば環境ホルモンとしての疑いを持たれている「ビスフェノールA」「フタル酸エステル」は、高温の飲食物を入れたプラスチックの食器から溶け出すことが知られていますので、気になる方は、プラスチックの食器の取り扱いに注意したらいいでしょう。



[関連ワード]
恋愛 偏差値 心理 テスト|ぼく わたし 恋愛 事情 画像|恋愛 占い|恋愛 ジャンキー aiko|恋愛 人間 関係|恋愛 写真 大塚 愛|恋愛 遊牧民 link|
posted by hikoo at 05:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/165994180

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。